Archive for the ‘未分類’ Category

決算翌月編

 

未使用車というのは、ディーラーが自前で新車登録を行ったクルマのことを言います。なぜ、そのようなことを行うのかというと、ディーラーには販売ノルマがあり、特に3月や9月の決算月には多くのクルマを販売しなければなりません。しかし、ノルマを達成できない状態になると、ディーラー自らクルマを購入し、それを未仕様車として中古車市場で販売することがあるのです。そのために決算翌月に、未使用車が中古車市場に出回ることが多くなります。未使用車を格安で購入したいと考えている方は、4月、10月頃に未使用車が出回っていないか注意していると良いでしょう。

また、新型車にモデルチェンジした後にも、売れ残った在庫や展示車などが未使用車として中古車市場に出回ります。新型と比べると魅力が半減してしまうので、大幅安で販売されることが多いのが特徴です。未使用車は中古車扱いであっても、中身は新車と同じなので、安心して長く乗り続けることができます。未使用車の探し方は、中古車検索サイトのキーワード検索で「未使用」と入力して検索すれば簡単に探し出すことができます。軽自動車が多いですが、丁寧に探せば、普通車や外車なども、いろいろ見つけることができますよ。

 

時期編

006241

中古車の中でも、限りなく新車に近い状態なのが未使用車です。未使用であれば新車と表現しても良いくらいなのですが、新車登録をしてあるので中古車扱いとなります。中身は新車と変わらないので、もし新車で購入を考えていたクルマの未使用車が、格安で販売されているのを見つけたら、新車と合わせて購入を検討してみても良いのではないかと思います。

時期的には、3月の決算月に未使用車が市場に出回りやすくなります。ディーラーが販売台数のノルマを達成させるために、新車登録を行うことが多いからです。また、新型モデルが登場した後に、売れ残った在庫や展示車などが未使用車として市場に出回ることも少なくありません。このようなタイミングを見計らって、未使用車が市場に出回っていないか注意していると良いでしょう。最近はネットを使えば、簡単に探し出すことができると思います。

未使用車は重量税や自賠責保険などが支払われてあるので、諸費用の面でも新車と比べるとお得です。注意点としては、新車には値引きがありますので、総合的にどちらがお得なのか比較する必要があることや、未使用車の車検までが新車のように3年の期間より短いこと、好きなカラーやオプションを選べないことなどがあります。

 

業者編

自動車を購入する場合、新車と中古車、そして未使用車という選択があります。
新車は、登録されていない車、中古車は登録されている車という分類で考えると、未使用車は一度登録されていますが、仕様はされていないということで、定義のうえでは新車と中古車の中間に位置します。
ただし、自動車メーカーの販売手続きのうえでは、未使用者という定義はないため、一度登録された車の名義を変更した場合は中古車になります。
新車に提供される保証内容などをメーカーから受けられるように、保証の継承ができるかを確認しましょう。
未使用車は、購入後のメンテナンスを新車と変わらずに受けることができればメリットは大きいですが、それができないと、走行距離が少ない、程度の良い中古車と大差がないことになってしまいます。
試乗などでは実際に走行しており、未使用車という言葉に厳密な定義がないため、販売する側と購入する側の求めるものが違うと、購入後のトラブルにつながります。
購入後も引き続き、メンテナンスで信頼できる業者を選ぶように心がけましょう。
新車は、発注してから納車を待つことができますが、未使用車はアウトレットと同じで、いいものに出あったら早目の決断が大切です。

ネット編

000829未使用車とは一度新車登録された車ですが、販売店がメーカーからのノルマを達成させる為に販売店側で新車登録しただけで誰にも購入された事がない車です。新車登録はされているので中古車という扱いですが、未使用なので中古車よりも信頼できて新車同様のコンディションの高い状態で購入できるので消費者にとっては大変お得になっています。しかし未使用車は数が少ないのでいつでも欲しい時に売っているとは限らず、目当ての車種が近くの中古販売店に売っている可能性は低いです。近くの中古車販売店を一軒ずつ探すのも労力がかかりますので、そういった場合はネットで探すのが近道です。全国で探す事が出来る中古車情報サイトでは条件を指定して検索する事が可能なので車種が決まっている場合はそれらを指定して検索すると簡単に探している車を見つけられます。未使用車は新車と違い中古車と同様その車限りなので、早い者勝ちという側面が大きくなります。販売店へメールなどで連絡を送っても交渉の順番待ちの場合があり、希望者が重なった場合は販売店側が買い手を選ぶ事も出来るので値引きなどは無いケースが多いです。また、販売店が遠かったりすると輸送費やナンバー登録する為の手続きに関する費用も高くなってきますので、かかる費用をしっかり検討して見定める必要があります。

未使用車を探す方法について

新車を購入したいけども、費用が高いのが気になる。といった人にお勧めなのが未使用車です。未使用車とは、まだ誰にも乗られていない新しい状態の車のことで、ほとんどは走行距離が100キロ未満です。中には10キロという車もあります。試乗車として乗られていたりするので、新車ではないですが、新車同然新しくてきれいというのが特徴です。未使用車のメリットは、新車と同じような状態であるにもかかわらず、たいへん安くで購入できるということです。また、新車に比べると納車が早いのも特徴です。すぐに車を手に入れたい人には助かります。では、未使用車の探し方はどういうものがあるでしょうか。いろいろありますが、一つは自動車販売店に行って直接聞くことです。試乗車などを安くで販売しているかもしれません。また、他の方法としてはインターネットを活用することです。インターネットの未使用車を探すサイトで、希望とする車種、色、走行距離、価格、燃費、その他必要なアクセサリー類などを入力するなら、自分の希望とする車を全国から探すことが出来ます。自宅に居ながら、希望の車を探すことが出来るのは大変便利です。是非、お買い得な未使用車を上手に探しましょう。

メリットとデメリット

gf1120110828l未使用車とはいえ、厳密に言えば新車の部類には入らず中古車の一種となります。
では、何故そのような車が存在するのかと言うと、
ディーラーには決められた台数を売らなくてはいけないノルマがあり、
あと何台か必要だという場合には自社名義で登録をすることがあります。
簡単に言うと販売数=登録台数となりますから、そのディーラーに登録された在庫が市場に流れたり、
自社の中古車販売店の店頭で販売されているのが未使用車となるのです。
つまり、いわゆる『新古車』と同義であり、新車ではあれど中古扱いとなっているのです。
本当の意味の中古車のように何千㎞、何万㎞と走行しているわけではなく、
キャリアカーへの積み下ろしの為の数㎞しか走行していませんし、
それでいて新車を買うより幾分か安く買うことが出来るのが、一番大きなメリットといえます。
ただし、その反面すでに登録されているということから、
ボディの色やオプションを選べないというデメリットも存在します。
後付のオプションは付けることが出来るのですが、購入と同時に選ばなければならないオプションで
どうしても欲しいという場合には新車を購入するか諦めるかしなければなりません。
また、一度登録されている訳ですから、自分が購入しても2番目のオーナーということになってしまいます。
自動車の外見上問題があるわけではなく、特に問題もないので大きなデメリットというわけではありませんから、
こちらは然程気にしなくても構わないでしょう。

 

在庫車との違い

日々のお買い物や、オフィスへの通勤などで活躍する愛車は定期的にメンテナンスを施してあげると、使用できる年数が大幅に増えます。
車は、屋外で使用するものなので、常に外気や雨風、雪や時には暴風雨など酷な環境に晒されています。
そのため、水の侵入を防ぐ各部のゴム類が劣化してきてしまいます。
劣化したゴム類は、すぐに交換しなければなりません。
そのまま放置していると、水の侵入を許してしまいボディーが錆びてしまったり、エンジンが始動しなくなってしまいます。
ボディーが傷むと結果的には、廃車にせざるを得ません。
車が廃車にまで追い込まれてしまったり、金銭面を圧迫する度重なる修理費用に限界を感じた時には新たな車を購入した方が安上がりです。
新たに車を購入するとなれば、ディーラーを訪れて新車の注文を行うか、在庫車を購入する方法があります。
新車は注文後数ヶ月間待たなければ納車されませんが、在庫のある車は必要事項などを記入し手続きが終了すればすぐに使用できます。
在庫のある車は、新車のように慣らし運転や短距離でオイル交換をする必要がない点が違いとして挙げられます。
すぐに、今までどおりの使い方ができる在庫の車がおすすめです。

新古車との違い

gf1120082666l中古車の中に、時々新古車と表示されたクルマが販売されていることがあります。新車と中古車を合わせたようなこの言葉は、新車なのか、中古車なのかわかりにくく、誤解を招く恐れがあります。正確には、新車ではなく中古車になります。ただ一度も使用されたことがないので、クルマの状態自体は新車と同等というわけです。

未使用車との違いは何かわからないという疑問を持っている方も多いことでしょう。実は、両者は同じで、違いはありません。自動車というのは使用されていようといまいと、一度新車登録されたらもはや新車ではなくなります。自動車販売店では、販売台数を増やす目的で新車登録を行い、そのクルマがそのまま中古車として出回ったり、展示車を中古車として販売したりするときなども、未使用車として販売されます。

このようなクルマは、新車と同等の状態であるために、新車に近い程度の良い中古車を探している人にはおすすめになりますが、価格が新車と変わらない場合もありますので、よく比較してみる必要があります。好きなカラーを選べなかったり、オプションを選ぶことができないというマイナス点もあります。しかし、自分の好みのクルマが格安で販売されていたなら、たいへんお買い得になります。

 

未使用車とは

 

未使用車とは、一度名義登録されたものの、使われていない車のことです。
誰も乗っていないので状態としては新車なのですが、名義登録が行われているため、法律上は中古車という扱いになります。
これには、新車同様なのに、新車よりも安く買えるというメリットがあります。
では、なぜこのような車が出回っているのかというと、いちばん多い理由は「ディーラーが販売台数を水増しするため、自社の名義で登録した」という物です。
実は、ディーラーは一定の台数の車を販売すると、メーカーからかなりの額の報奨金を貰えるのです。
3月末までに100台売ったら500万円の報奨金が出るという場合に、95台しか売れていないとしたら、残りの5台を自社で買うと、報奨金が貰えるということになります。
この5台を1~2割引きで売ったとしても、そのロスは報奨金で十分に補填できますから、多くのディーラーがこの方法を使っています。
これ以外の理由としては、「営業マンがノルマを達成するため、自腹で買った」「名義登録が済んだ後に、何らかの理由でキャンセルせざるをえなくなった」「ローンなどの問題が起きたため、引き渡すことができなくなった」などがありますが、これらはあまり多いケースではありません。