業者編

自動車を購入する場合、新車と中古車、そして未使用車という選択があります。
新車は、登録されていない車、中古車は登録されている車という分類で考えると、未使用車は一度登録されていますが、仕様はされていないということで、定義のうえでは新車と中古車の中間に位置します。
ただし、自動車メーカーの販売手続きのうえでは、未使用者という定義はないため、一度登録された車の名義を変更した場合は中古車になります。
新車に提供される保証内容などをメーカーから受けられるように、保証の継承ができるかを確認しましょう。
未使用車は、購入後のメンテナンスを新車と変わらずに受けることができればメリットは大きいですが、それができないと、走行距離が少ない、程度の良い中古車と大差がないことになってしまいます。
試乗などでは実際に走行しており、未使用車という言葉に厳密な定義がないため、販売する側と購入する側の求めるものが違うと、購入後のトラブルにつながります。
購入後も引き続き、メンテナンスで信頼できる業者を選ぶように心がけましょう。
新車は、発注してから納車を待つことができますが、未使用車はアウトレットと同じで、いいものに出あったら早目の決断が大切です。

Comments are closed.