決算翌月編

 

未使用車というのは、ディーラーが自前で新車登録を行ったクルマのことを言います。なぜ、そのようなことを行うのかというと、ディーラーには販売ノルマがあり、特に3月や9月の決算月には多くのクルマを販売しなければなりません。しかし、ノルマを達成できない状態になると、ディーラー自らクルマを購入し、それを未仕様車として中古車市場で販売することがあるのです。そのために決算翌月に、未使用車が中古車市場に出回ることが多くなります。未使用車を格安で購入したいと考えている方は、4月、10月頃に未使用車が出回っていないか注意していると良いでしょう。

また、新型車にモデルチェンジした後にも、売れ残った在庫や展示車などが未使用車として中古車市場に出回ります。新型と比べると魅力が半減してしまうので、大幅安で販売されることが多いのが特徴です。未使用車は中古車扱いであっても、中身は新車と同じなので、安心して長く乗り続けることができます。未使用車の探し方は、中古車検索サイトのキーワード検索で「未使用」と入力して検索すれば簡単に探し出すことができます。軽自動車が多いですが、丁寧に探せば、普通車や外車なども、いろいろ見つけることができますよ。

 

Comments are closed.