新古車との違い

gf1120082666l中古車の中に、時々新古車と表示されたクルマが販売されていることがあります。新車と中古車を合わせたようなこの言葉は、新車なのか、中古車なのかわかりにくく、誤解を招く恐れがあります。正確には、新車ではなく中古車になります。ただ一度も使用されたことがないので、クルマの状態自体は新車と同等というわけです。

未使用車との違いは何かわからないという疑問を持っている方も多いことでしょう。実は、両者は同じで、違いはありません。自動車というのは使用されていようといまいと、一度新車登録されたらもはや新車ではなくなります。自動車販売店では、販売台数を増やす目的で新車登録を行い、そのクルマがそのまま中古車として出回ったり、展示車を中古車として販売したりするときなども、未使用車として販売されます。

このようなクルマは、新車と同等の状態であるために、新車に近い程度の良い中古車を探している人にはおすすめになりますが、価格が新車と変わらない場合もありますので、よく比較してみる必要があります。好きなカラーを選べなかったり、オプションを選ぶことができないというマイナス点もあります。しかし、自分の好みのクルマが格安で販売されていたなら、たいへんお買い得になります。

 

Comments are closed.