時期編

006241

中古車の中でも、限りなく新車に近い状態なのが未使用車です。未使用であれば新車と表現しても良いくらいなのですが、新車登録をしてあるので中古車扱いとなります。中身は新車と変わらないので、もし新車で購入を考えていたクルマの未使用車が、格安で販売されているのを見つけたら、新車と合わせて購入を検討してみても良いのではないかと思います。

時期的には、3月の決算月に未使用車が市場に出回りやすくなります。ディーラーが販売台数のノルマを達成させるために、新車登録を行うことが多いからです。また、新型モデルが登場した後に、売れ残った在庫や展示車などが未使用車として市場に出回ることも少なくありません。このようなタイミングを見計らって、未使用車が市場に出回っていないか注意していると良いでしょう。最近はネットを使えば、簡単に探し出すことができると思います。

未使用車は重量税や自賠責保険などが支払われてあるので、諸費用の面でも新車と比べるとお得です。注意点としては、新車には値引きがありますので、総合的にどちらがお得なのか比較する必要があることや、未使用車の車検までが新車のように3年の期間より短いこと、好きなカラーやオプションを選べないことなどがあります。

 

Comments are closed.